食事の内容を見直す重要性

スポーツをしていない人には、全くと言っていいくらい求められることがなかったサプリメントも、このところは男女年齢を問わず、確実に栄養を身体に摂り入れることの大切さが周知され、非常に多くの方が利用しているとのことです。
コンドロイチンと言いますのは、ギリシア語の「軟骨」という意で、弾力性だったり水分を維持する働きがあり、全身の関節がストレスなく動くように機能してくれるのです。
滑らかな動きと言いますのは、関節にある軟骨が衝撃吸収材の役目を担ってくれることによって維持されているわけです。しかしながら、この軟骨の構成成分であるグルコサミンは、加齢のせいで減ってしまうと指摘されています。
従前より健康に効果的な食品として、食事の時に食卓に並べられることが多かったゴマではありますが、このところそのゴマの構成成分の一種であるセサミンが注目の的となっているようです。
毎日忙しない時間を送っている人にとっては、食事によって人の身体が要するビタミンだったりミネラルを摂り込むのは困難だと思われますが、マルチビタミンを服用することにすれば、身体に取って欠かせない栄養素をいち早く補給することができるわけです。
「細胞のエイジングや身体の機能が落ちるなどの要因の1つ」と公表されているのが活性酸素ですが、セサミンにはこの活性酸素が原因で齎される害を阻む作用があることが実験で証明されています。
「青魚はそのまま」というよりも、調理して食する人の方が主流派だと想定されますが、現実問題として揚げるなどするとEPAとかDHAを含有する脂肪が流出することになり、摂れる量が少なくなってしまいます。
病院とかクリニックなどでよく耳に入ってくる「コレステロール」は、特に太り気味の方なら皆さん気にされるワードだと思われます。時と場合によっては、命にかかわることもあるので注意することが要されます。
一つの錠剤の中に、ビタミンを諸々充填したものをマルチビタミンと称しますが、色んなビタミンを一気に体内に取り入れることが可能だということで、売れ行きも良いようです。
グルコサミンというのは、軟骨を形成するための原料になるのみならず、軟骨の再生を活発化して軟骨の正常化を実現したり、炎症を鎮静するのに効果を見せるとのことです。
コンドロイチンは、食事を介して体に入れることもできることはできますが、それオンリーでは量的に十分ではないため、できればサプリメント等を購入してプラスすることが要求されます。
セサミンには血糖値を抑える効果や、肝機能をアップさせる効果などがあるとのことで、栄養補助食に含有されている成分として、最近非常に人気があります。
体内にある血管壁に付いているコレステロールを肝臓に持ち帰る役割を担うHDL(善玉)と、肝臓のコレステロールを体内に運ぶという働きをするLDL(悪玉)があるとのことです。
コエンザイムQ10という物質は、細胞の元となる成分のひとつであり、体にとってはどうしても必要な成分だと言えるのです。そんなわけで、美容面または健康面で色々な効果を望むことができるのです。
中性脂肪を落とすつもりなら、何より大事なのが食事の仕方だと思われます。どういった食品をどういうふうにして体内に取り入れるのかによって、中性脂肪のストック率は結構抑えることはできます。

この投稿は2017年4月10日に公開されました。

ビタミンたっぷりで元気もりもりに

マルチビタミンには、ありとあらゆるビタミンが含まれているものとか、何種類かのみ含まれているものなどが存在し、それぞれに詰め込まれているビタミンの量も違っています。
病気の名が生活習慣病と決まったのには、病気の原因を作らないためにも、「ご自身の生活習慣を良くし、予防意識を持ちましょう!」といった啓蒙的な意味も含まれていたとのことです。
年を取れば取るほど、身体の中で作ることが簡単ではなくなるグルコサミンは、カニであったりエビの殻に沢山含まれているアミノ糖の一種で、常日頃の食事からは摂取することが不可能な成分です。
マルチビタミンと称されるのは、人が生命活動をする上で必要とするビタミン成分を、バランス良く1錠に凝縮させたものですから、良くない食生活状態から抜けきれない人にはふさわしい製品です。
身体内部にあるコンドロイチンは、年を取れば取るほど必然的に量的な面で下降線をたどります。その為に関節の軟骨も減ってしまうことになって、膝などに痛みが出てまともに歩けなくなったりするのです。
生活習慣病については、長い期間の生活習慣による影響が大きく、全般的に言って30代後半から症状が出る可能性が高まると指摘されている病気の総称となります。
コレステロールを低減させるには、食べ物を見直したりサプリに頼るというような方法があると言われていますが、現実に簡単にコレステロールを減少させるには、どの様な方法があるのでしょうか?
セサミンと呼ばれているのは、ゴマに含有される栄養のひとつでありまして、極小のゴマ一粒におおよそ1%しか含まれていない抗酸化物質である「ゴマリグナン」の構成成分なんだそうです。
体の血管壁に付着したコレステロールを肝臓に運ぶ役目をするHDL(善玉)と、肝臓にとどまっているコレステロールを体のすべての組織に送り届ける働きをするLDL(悪玉)があるようです。
中性脂肪が血液中で一定量を超えると、動脈硬化を早める原因の一つになります。そういう理由から、中性脂肪計測は動脈硬化関係の病気とは無縁の人生を送るためにも、面倒くさがらずに受けてください。
コエンザイムQ10と称される物質は、細胞を作っている成分の一種で、体が生命を維持し続ける為には不可欠な成分だと指摘されています。従いまして、美容面だったり健康面におきまして数々の効果を期待することが可能です。
サプリメントとして摂り込んだグルコサミンは、体の中で吸収される過程を経て、それぞれの組織に運ばれて利用されるという流れです。ハッキリ言って、利用される割合によって効果の有る無しが決定されるのです。
EPAあるいはDHAを含有しているサプリメントは、一般的には薬剤と共に身体に入れても問題はないですが、可能なら顔見知りの医者にチェックしてもらう方が賢明です。
生活習慣病の場合、痛みなどの症状が見られないことが多く、数十年レベルの時間を費やして僅かずつ深刻化しますので、病院で検査を受けた時には「後の祭り!」ということがほとんどだとも聞きます。
ご存知の通り、ビフィズス菌は年齢を重ねればその数が減ることになります。しかも、いくら規則的な生活をし、栄養バランスを加味した食事を摂っても、絶対に減ってしまうのです。

この投稿は2017年4月10日に公開されました。

水溶性食物繊維で便秘解消

妊娠中は黄体ホルモンの関係で便秘になる人が多いですね。それまで便秘症で無かった人もなりやすくなるくらいですから、元々便秘症だった人の中には、かなり苦しい思いをしてしまう人も出てきます。

妊娠中はあまりいきんでも、赤ちゃんの為に心配ですし、頑固な便秘は痔を招いたりするので、日頃から水をよく飲むとか食物繊維を多く摂ることが大切です。

食物繊維は「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」の2種類があります。不溶性食物繊維を含む食べ物としては、野菜、豆類、芋類、茸類が代表的です。

また、水溶性食物繊維は海藻類と果物、野菜に置く含まれています。野菜などは、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の両方の性質を持っているものもあるので、そういった野菜を摂ることは、便秘解消に非常に効果があると言えます。

ただ、不溶性食物繊維は、そればかりを食べていると、繊維が水分で溶けないので繊維分が腸の中で詰まって、却って便秘を起こしてしまう事があります。そこで、不溶性食物繊維を多く摂った時は、水分もいつもより多めに摂ることが大切です。

それに比べて、水溶性食物繊維の場合は水に溶ける繊維ですから、不溶性食物繊維ではお腹に負担が掛かってしまうようなお腹が弱い人には、特に向いています。

また、水溶性食物繊維は便秘の解消の他に、コレステロールを排泄し、血糖値の上昇を抑える効果もあります。他にも、腸内の善玉菌を増やすことに依って腸内環境をよくします。これが便秘を防ぐ事になります。

ですから、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維はどちらも大切ですが、お腹が弱い人には水溶性食物繊維の方を多めに摂ることをお勧めします。

この投稿は2015年8月15日に公開されました。

妊娠中毒と便秘で悩んだ出産までの道のり

私は妊娠中にひどい便秘と異常なぐらい甘い物が食べたなくなって大変でした。
便秘は便秘薬に頼る事が出来ないので、仕方なくひたすら納豆ばかり食べたり、プルーンやヨーグルト、ヤクルトといった食物繊維が豊富な食べ物や乳酸菌が豊富に含まれている食品ばかり選んで食べていました。

このように出来るだけお腹の赤ちゃんの健康に良い物を選んで食べていたつもりですが、毎日のように異常なぐらいに甘い物が食べたくなってしょうがない状態が続いていました。
それで夏場はアイスクリームやかき氷等を食べていたのですが、冷たい物を食べるとお腹が張って痛み出して、流産するのではないかと大変心配しました。

それ以外でもチョコレートを30個ぐらい入っているお菓子を袋ごと全て食べていたので、妊娠中毒ではないかと心配しました。
妊娠中はそれだけ甘い物を集中して食べても不思議とニキビが全くできなかったしとにかく食欲がすごかったので、そういった異常な食べ方をしていたのかもしれません。

便秘に関してはどうしても出ない日が続いた時には、浣腸をしたり、医師から処方してもらった便秘薬に頼る事もありました。
甘い物ばかり食べていないで野菜を中心とした食生活をしていたら、きっと食物繊維も豊富に摂取出来たのでこんなに便秘で悩む事もなかったと思います。

便秘になったせいで無理やり便を押し出そうと力むと、出血して痔になってしまったので大変でした。妊婦の便秘解消でもそれも出産すると同時にすぐに改善されたので良かったです。

この投稿は2015年4月21日に公開されました。

妊娠判明前から体調の変化が!

私の場合、妊娠超初期から初期の頃に、特に自分の体調の変化を強く感じていました。
期待しすぎて後でガッカリするのが辛いので、生理予定日の1週間後までは検査薬を試さないことにしていたんですが、妊娠していたときは、生理予定日前から明らかにいつもと違うことをたくさん感じていました。

まずは胃の痛みです。普段は前日にものすごく食べ過ぎてしまって消化がうまくいっていないようなとき以外は胃痛を感じることはありません。
でも妊娠していたときは、お腹が減っているわけでも食べ過ぎたわけでもないのにキリキリと胃がひっぱられるような痛みがありました。
ストレスのせい?なんて勘違いしたほどです。

そして何度か急なめまいに襲われました。お風呂から上がったときだとか寝起きにめまいを感じることはそれまでにもありましたが、
妊娠中は日中歩いていて急にふらついてうずくまってしまったり、食事の準備中にキッチンで立ち上がれなくなったりすることがありました。

もうひとつ顕著だったのは味覚の変化です。病院で妊娠したのを確認したあとも特別つわりのような症状を感じることはなく、
いつも通りに食べ物を食べていたので、つわりがない体質なのかなと思っていました。

ところが好物のシーチキンとじゃがいもの炒め物を食べた瞬間、アレこれ腐ってるんじゃない?と思うほど嫌な味がしたんです。
夫にも念のため少しだけ食べてもらいましたが、いつもと同じ味だと言われました。
それからも魚の加工品にだけなぜか臭みを強く感じるようになってしまい、ほとんど食べられなくなりました。

この投稿は2015年4月21日に公開されました。

2人目の妊娠時の方が調子よかった訳

1人目の妊娠時、その前に流産をしたのもあって、ずっとビクビクしながら過ごしていました。
なので、検診に行っても何も問題はないのに、何だか調子が悪くて、とにかく時が過ぎるのを待っているだけの妊婦でいました。
それでも、検診で何もなかったように、最後まで特別な問題はなく、無事に出産しました。

2人目を妊娠した時、やはり悩みました。勿論、欲しいと思ってた2人目ですが、またビクビクしながら過ごすのだろうか・・・。あの調子の悪さが続くのだろうかと。上の子がいますから、ちょっと調子が悪いから、ゆっくりするなんてできません。
でも、色々な方と話して勇気をもらって、生活を始めました。
すると、以前とは違う意味で、どんどん時が過ぎていくのです。調子が悪いなんて、ほとんど思うことはありませんでした。
普通に、公園に出かけて、色々な予定をこなして、子供の世話をして。
子供の世話が大変だったというのもありますが、何より、そばに誰かいること、それが3歳にもならない子供であっても、一緒に笑ったり、散歩したり、それだけで、体調って変わるのだなぁと知ったのです。

これは1人目の時にも同じことが言えたのでしょう。ビクビクするあまり、原因不明な体調不良に悩まされていたのだと思います。
勿論、それだけが原因ではなく、色々あると思います。
それでも、妊娠して以来何だか調子悪いなぁ・・・という時は、とにかく気持ちをあげてみる。何かに一生懸命になったり、たくさん笑ったり。
それだけで、随分妊婦生活が楽になると思うのです。

この投稿は2015年4月21日に公開されました。